Home | NewsClip | BoxOffice | Calendar | 掲示板 | 過去News(-04.03.28) | 資料用wiki | 本サイトの経緯

掲示板


KoMaDo   Korean-Movie.Net掲示板 ■ HOME    
掲示板トップへ ▼カッ飛び最後 

  「シネマハングル」

01: 名前:automatic投稿日:2003/11/07(金) 22:23
という本が情報センター出版局から出ております。
2003年11月7日第1刷
ISBN4-7958-2553-X

アマゾンでタイトルだけで注文してしまい、さっき届きました。

内容は「そのまま覚えていってみたい人気韓国映画『愛のセリフ』」だそうです。

しかし、この本、ハングルっていいながら、ハングルの説明がないよー。
それにカナ表記が間違って箇所がちらほら・・・。(例えば、p.113の이야기하다(話をする)がイタギハダになってる)

えっと、まあ、さあ、この本の関係者に昨日会っちゃっているんで、悪くは書かないほうがいいのかもしれませんし、私の考え方にあわせる必要はないと思うのですが、一応、この本、語学本ですよね?それに初心者向け?だと思います。
ですから、最初間違えて覚えると最後まで響くわけだから、できるだけミスを少なくすべきだと思うんだけどなあ・・・。

もう、どういう本が出てもいいから、せめてハングルとカナ表記の統一と明らかなミスだけは勘弁してね。韓国語学習者の一人としてお願いします!

エンタメ本なら別に何も言いませんが・・・。

この本と、ほぼ同時期に出版されたユンソナのCD付きのテレビドラマの本「ユンソナの 韓国ドラマでLet's!ハングル 別冊宝島909号」って本も出てますね。こちらもハングルの綴りミスがあったりしていますけど、音声付ですし、一応ハングルの説明してますね。ちょっと語学本らしいかな?
(ユンソナの本、職場の書店で売ってたんで驚き!うちの職場で韓国語やっている人ってどれくらいいるのかな?)

#CD付きの雑誌で一番のお奨めは、アルクの韓国語ジャーナルかな?特に付録のCD(いやメインのCD)とそのスクリプトが素晴らしいです。私、この教材をいつも聞いてます。韓国映画の話も有るし。
実際、アルクの本の中で売上が上位にランクされているそうです。アルクの本は出来不出来が激しいからすべていいとはいえないけれど、韓国語ジャーナルに関しては語学的に本当にいいと思います。やっぱり語学は語学専門の出版社の本がいいってことかなあ。

02: 名前:植田真弘投稿日:2003/11/09(日) 18:39
 仕事場へ行く途中のあまり大きくない本屋で見ました。こんな本屋においてるくらいだから部数は多いんだろうな。誰にどれだけ印税が入るんだろう。間違いが多いっていう本に1400円も払うのはしゃくなので立ち読みですませることとしました。だから手元にありません。立ち読みで覚えてきた記憶で書いてます。

 たしかにこれはカタカナの間違いが多い。しかも、「イタギハダ」のようなあからさまな間違いなら、まだただの誤植と笑って見過ごせるんですが、そうじゃないものが多いんで始末が悪い。
 たとえば、『ガン&トークス』のところで「오영란」を「オ・ヨンラン」なんて読んたりする。北朝鮮じゃあるまいしさ。それから『リメンバー・ミー』のところで「이런 게 사랑이니」を「イロン・ケ・サランイニ」(イロン・ゲ〜じゃなくて)なんて読んでる。このテの間違いが、特に『ガン&トークス』のところに多いな。「온다는 것」や「그런 것이다」の「것」をにごってない。共同執筆らしいから、この部分を分担した人の癖なのかな。
 こういうのは、ハングルの読み方を勉強するときに初心者が一番つまづくところなんで、特に注意しなきゃいけない。ヘンにこんな本で悪い癖つけちゃうとなかなか抜けないです。

 で、このテのことって、韓国人に聞いてもわかんない部分なんですね。
 たとえば日本語である「おしん」を韓国語で「오신」と書くか「오싱」と書くかは韓国人にどう聞こえるか、韓国人がどっちで読んだら日本人により自然に聞こえるかっていう、韓国人の問題であって日本人の問題じゃない。日本人に聞いても解決つかない。その逆だと思えばいいでしょう。
 韓国語をカナで表記するのは日本人の問題であって韓国人の問題じゃない。韓国人に聞いても解決つかんのです。だから、ネイティブ韓国人の監修をつけたからって安心してちゃダメ。これは日本人側がしっかりチェックせにゃあかんのです。

 この本の著者の「韓国語学芸術研究会」という怪しげな団体、素性はよく知らんけど、「芸術」を通してこれから「語学」を「研究」しようという「会」ってわけかな。たぶんミーハーな日本人がアリバイ程度にネイティブ韓国人を監修につけたってとこなんだろうけど、韓国語をかな書きするのは日本人の問題なんだから、韓国人を監修につけたって免罪符にならない。もっとしゃきっとチェックせにゃダメです。

03: 名前:automatic投稿日:2003/11/09(日) 19:07
あ、いやまあ、その、全く、私の意見を肩代わりしてくださったみたいな、ご意見ありがとうございます。
ですが、そこまで書いちゃうと植田さん恨まれちゃいますよ。
ちょっと心配です。

04: 名前:植田真弘投稿日:2003/11/10(月) 00:33
 お気遣いありがとうございます。どうせ元から恨まれているでしょうからやんわり書いたところで大差ないことでしょう。
 奥付のところを見ると何人か見知った方もいらっしゃいますが、総体としての「韓国語学芸術研究会」っていうのが、説明を見てもいかにも実体がなさそうで怪しげじゃないですか。
 今回指摘したことは、私自身が初級のときに勉強するうえでずいぶん悩んだことだし、この本が語学の棚に初級用語学本然として並んでたんで、余計に腹立たしいわけです。
 日本人の執筆者たちがちゃんと耳で韓国語を聞いてないってことですよね。映画は見てもセリフを耳から聞いていない。シナリオやDVDの韓国語字幕などを見て作っちゃうからああいうことになる、と。

05: 名前:automatic投稿日:2003/11/10(月) 19:51
編集側に少し同情するなら、日本で韓国語の入門書はカナを振っていないと売れないんだそうです。
変なカナなんて無くしてしまえばよかったのでしょうが、そういうわけにもいかない事情もあったのでしょう。

韓国語を発音どおりカナで表現することは、そのままでは不可能ですよね。植田さんご指摘のㅇパッチム、ㄴパッチムの違いもそうですが、今流行りの話題で言うなら、俳優パク・ヘイルにしても박해일ですから自己紹介とかでゆっくり話さない限り、바캐일と「パケイル」に近い発音になる。(私もカナ表記のときは悩みました。)

私がいうのもなんですが、日本の韓国映画サイトの、韓国語のカナ表記で「語学」の本を書くのは良い傾向ではないと思います。

06: 名前:植田真弘投稿日:2003/11/18(火) 01:00
「愛の会話集」もいいんですが、次のような韓国映画/ドラマファンのための実用会話集を誰か作りませんかね。

監督。私は監督の映画の大ファンです。DVDも全部持っています。
このシネ21の表紙にサインしてください。
一緒に記念撮影をしたいのですが、入っていただけますか?
お兄さん、愛してる。
握手してください。
日本から来ました。どうしても開会式を見たいんですが、何とかなりませんか?
花束を渡したいんですが、楽屋はどちらですか?
総合撮影所の正門にいます。ヤンスリのバスターミナルまで行きたいんですが、タクシー1台よこしてくれませんか。
19時の回を2枚ください。
そこは私の席です。どいてください。
上映中です。私語はやめていただけませんか。
このDVDの地域コードは何ですか?
英語字幕はついていますか?
この映画のOSTはありませんか?
100Vでも使えますか?
日本語IMEをインストールしてもかまいませんか?
突然リセットされてしまいました。ログインパスワードを入れてください。

07: 名前:automatic投稿日:2003/11/21(金) 22:58
>「愛の会話集」もいいんですが、次のような韓国映画/ドラマファンのための実用会話集を誰か作りませんかね。

実用的過ぎますです。実際こういうのが韓国映画ファンにとってよく使うはずの韓国語のはずなんでしょうけど。

そーいえば、この本新宿紀伊国屋書店本店の韓国語コーナーで「冬のソナタシナリオ集」とならんで「いま売れてます」状態でした。
韓国語を勉強するなら断然「冬ソナシナリオ」買って、銀映堂さんのところで韓国版「冬ソナ」DVDを買い込んで、篭って勉強するんだけどなあ。

実はマジにこれをやろうかと思ってます。年末韓国行けなかったら、自宅に篭って冬ソナでリスニング力をつけようかと思ってます。

え、あんたに「冬ソナ」は似合わないって!ま、たまにはこーゆー路線もいいでしょ?

08: 名前:automatic投稿日:2003/11/21(金) 23:16
>このシネ21の表紙にサインしてください。

そういえば、私、サインにはほとんど興味がないんです。
この5年、いや10年でサインをいただいたのは、1997年NHKラジオ「アンニョンハシムニカ?ハングル講座」に出演していたKTさん(とっても有名な方なので名前は伏せます)のサインを某大学の韓国語のテキストにしてもらったくらいです。このサインは大事にとってありますけど。
このサインをいただいたとき、日本語で頼んじゃったんですね。あ、韓国人に韓国語でサインを求めたこと一度もないことになります。

ん・・・。あーーーーっ。大事な人を忘れていた!
『英語完全克服』のイ・ナヨンちゃんが2000年暮れ日本にきたとき、サインもらったんでした。あのサイン、どこへいったんだろう。探しておこう。
しかし、この時は韓国語で会話してたし。今より滑らかに韓国語がでてきてた気がするのは、思い出は美しく思えるからでしょうか?
今、韓国語で話そうとすると口が硬直するんです。なんでなんでしょう?妙な恐怖が身についたからでしょうか?それとも気の利いたことを言おうとして変に考えてしまうからでしょうか?
スランプはスランプなのかな?(絶好調のときもあったかどうか怪しいのですが。)


掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭