Home | NewsClip | BoxOffice | Calendar | 掲示板 | 過去News(-04.03.28) | 資料用wiki | 本サイトの経緯

掲示板


KoMaDo   Korean-Movie.Net掲示板 ■ HOME    
掲示板トップへ ▼カッ飛び最後 

  『ジャングル・ジュース』

01: 名前:さよ投稿日:2002/03/25(月) 21:12
地下鉄2号線の新村、梨大の町はおしゃれで好きな町でよく行くんですが、今回は
ちょっとミーハー気分で、日韓合作ドラマ「friends」に出てきた「ヨンファナラ」に
行ってきました。覚えてますか?ジフンと智子が再開した場面。ウオン・ビンは素敵で
したね。

梨大駅の改札口をでると、なんと、壁にヨンファナラの場所を書いた地図が貼って
ました。これって、韓国の人用、それとも日本人のための地図。駅をでると、梨大を
後ろにして、左がウエディンスドレス街のアヒョン、右が新村。梨大駅交差点を
まっすぐ西江大のほうに5分ほど歩いたところにヨンファナラがあります。

今は『ジャングル・ジュース』を上映していました。こじんまりとした昔ながらの
映画館という感じ。夜は3本立てで14000ウォン。3本連続してみると疲れる
だろうな。ここまでくると一歩道を入ると生活のにおいのぷんぷんする、庶民的な
場所です。こういう場所にくると韓国で暮らしたくなる私。無理かな。

02: 名前:さよ投稿日:2002/03/25(月) 21:13
『ジャングル・ジュース』とはいろんな薬などを混ぜた飲み物、爆弾酒のようなもの
らしい。ソウルの売春街、清涼里(チョンニャンニ)に住むチンピラ2人と娼婦メグが
やくざの麻薬を手に入れ、やくざの追撃を逃れプサンへ逃げる。3人が逃走する。
それをやくざと警察が追う。横から、別のチンピラがあらわれ、それを奪おうとする。
そのドタバタ劇がインド映画を見ているようで楽しい。底辺の人々が登場するが悲惨さ
など微塵も感じられない。売春街で育った娼婦のメグも実に明るい。偶然転がり込んで
きた麻薬を、そこから抜け出すための天からの恵みとばかりに、必死につかみ逃げる。

昨年『暴力妻』が好評でかなりの観客を動員した。これを見たとき、暴力を明るく
お笑いで描いていて、私はちょっと受け入れられない気がしたが、予想に反して客は
入った。今、韓国の人は娯楽としての軽いノリ、笑いを誘う楽しい映画を見たがって
いるのかな。

03: 名前:さよ投稿日:2002/03/25(月) 21:27
>『暴力妻』

ではなく、『やくざ妻』でした。かな?違ってました?

04: 名前:"automatic"投稿日:2002/03/25(月) 23:49
>ではなく、『やくざ妻』でした。かな?違ってました?
『組暴妻』つまり『組織暴力団妻』が原題なんでしょうけど、某氏は『奥様は極道』、韓国の某紙は『極道の妻』。
あ、私は適当です。その時その時の気分で変わっちゃうんで。映画のタイトルの訳は本当に難しいです。

05: 名前:kappe投稿日:2005/04/12(火) 06:24
 韓流シネマ・フェスティバルで見て来ました。

 チングを水で薄めて砂糖をぶち込んだような作風。さよさん同様、私も
受け入れられませんでした。韓国人はこれで笑えるのかしら?女性が多い
時間帯の上映だったせいか、会場はシーンと静まりかえっていました。

 ひたすら退屈。字幕も、背景が白でも白い字で出すことがあって、とて
も見難い。


掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭