Home | NewsClip | BoxOffice | Calendar | 掲示板 | 過去News(-04.03.28) | 資料用wiki | 本サイトの経緯

掲示板


KoMaDo   Korean-Movie.Net掲示板 ■ HOME    
掲示板トップへ ▼カッ飛び最後 

  『ステイト・オブ・ドッグス』

01: 名前:さよ投稿日:2002/03/06(水) 11:13
ここんところ、バタバタしていて、先週お送りしようと思っていた映画のちらしが
どっかへ行ってしまいました。モンゴルの映画で人間になりたくない野良犬の物語で、
是非automaticさんにお知らせしようと思っていたんですが。『ステイト・オブ・
ドッグス』(3月下旬からユーロスペースでモーニング&レイトショー)。

。。。モンゴルでは犬はいつか人間に生まれ変わると言い伝えられています。。。
という行から犬好きな私は「そうかも」と思ってしまいます。


ついでに、ユーロスペースで今上映中なのはツアイ・ミンリャン監督リー・カンション、
チェン・シアンチー主演の『ふたつの時間、ふたりの時間』です。
ツアイ・ミンリャン監督の映画は好き嫌いがはっきりしていて、好きな方はどうぞと
しかいえないんですが。『河』『Hole』などもそうですが、一貫したテーマである都会
に暮らす人間の孤独を繊細に綴っていています。

『ふたつの時、ふたりの時間』

『ふたつの時、ふたりの時間』ではふと知り合った男女がその後接点なくお互いを
意識しながら生きていくという不思議な話なんですが、私は好きでしたね。
現実接することなくても、お互い意識しながら生活していくってことあるんじゃないか
と思って。今までの作品に比べて愛が感じられる映画でしたが、こんな形でしか感じら
れない愛というのは逆に孤独で寂しい気がしました。
こういうのが嫌いな方は寝るかもしれません。

02: 名前:automatic投稿日:2002/03/11(月) 00:01
 えーと、モンゴルフリーク御用達のML「しゃがあ」ではかなり前に話題になっておりました。
 モンゴル=ベルギー合作映画「ステイト・オブ・ドッグス」の紹介ページはこちら↓
http://www.slowlearner.co.jp/movies/state_of/index.shtml

 モンゴル語で犬はнохой(ノホイ)というのですが、実のところ、モンゴルの牧民たちは「犬は人間に尻尾を振って媚を売るからプライド無く、狼より劣る」と思っている人もいるそうです。あ、でもちゃんと可愛がられているнохойもいますからね。
 それと、牧民たちが住んでいるгэр(ゲル:住居の意味、間違っても漢語の『包[パオ]』など使わないように。)にいるнохойは人間には噛み付きますから注意してください。

 そんなことはともかく、映画瓦版ではだいぶ辛口の批評を受けてます。
 http://kawara-ban.plaza.gaiax.com/01/01120701.html
 でもね、それはちょっとモンゴルに対して知識と愛情が足りないかな。だって、自由に映画を作れるようになってやっと10年だから。社会主義時代は批判的な映画を作ることが出来なかったんだから。
 私もモンゴルが社会主義から自由主義に変わって体制批判の映画(「忘れられた未来」だったと思う。)を見たことがあるけど、正直言って映画瓦版の服部さんと同じようにモンゴルの大草原を期待していたのに、都市部(ウランバートル)の社会の恥部を見せられて、正直つまらなかったのを覚えています。
 ただ、自由主義に移行してからのモンゴルの混乱振りは目に余るものであり
(たとえば、「田中宇の国際ニュース解説」モンゴルの希望と苦悩 http://tanakanews.com/a0720mongolia.htm 参考のこと)
大草原なんかは平和ボケした日本人の観光の対象にしか過ぎないわけで、娯楽作と同様の基準で評価するのは少々おかしいかと思います。

03: 名前:automatic投稿日:2002/03/11(月) 00:14
で、続き(字数制限に引っかかった。しかし、この掲示板で私が字数制限以上に書いたのは初めてかな。それがモンゴル映画というのは…。私も佐藤忠男先生と同様モンゴル映画のファンですから。そんときゃ、韓国映画放り投げても行きますよ。)

 ま、私も実は草原を馬を駆け回る映画の方が好きなんですけどね。モンゴル映画『また馬に乗りたい』なんて映画は私の心の中のベスト5に入る名作です。(私、もともと馬乗りでしたから。)

この『ステイト・オブ・ドックス』 3/16(土)から渋谷のユーロスペースにて上映。
ただし、モーニングショウ(AM11:00)とレイトショウ(21:10)のみ(悲しー)

モンゴル映画については
佐藤忠男先生のモンゴル映画のページ
http://www.informatics.tuad.ac.jp/net-expo/asian-cinema/mongolia/ja/index.html
大阪外語大の今岡先生のページ
http://www.osaka-gaidai.ac.jp/~imaoka/m-fes.htm
を参考にしてください。

04: 名前:automatic投稿日:2002/03/17(日) 02:05
レイトショーで見てきました。
モンゴル=ベルギー合作『ステイト・オブ・ドッグス』

犬を通してモンゴルの現状を批判的に描いています。ドキュメンタリーですね。

犬の死ぬところと犬の死体がバンバン出てきます。ウランバートルの都市部では犬は殺されたり死んじゃったりしているのに、草原、もとい、あれはウランバートルより南のゴビに近い方の、砂漠じゃないけど、岩がごろごろしているところ、の牧民に飼われた犬は健康的という場面があります。
本来、牧民生活がモンゴルの基本形なのに…と犬を人間に見立てているんでしょうね。

映像ですが、「私」は面白かった。モンゴルの建物、懐かしかった。アパートもあんな感じだったし。普通日本のテレビじゃ映さないところを結構映してましたね。郊外のスラム街やザハ(市場)なんて、治安が悪くてなかなか映像でみることができないのですが、みることができたし、ほぉ、と思うところがたくさんあって、よかったです。
…とはいえ、実際ウランバートルに行けば当たり前に見れる映像が多いんですけどね。

映画瓦版の評は、私にとっては当たってないなあ。でも、あれがモンゴルを知らない日本人の感覚なんでしょうね。

#ちなみに(都市部の)犬が殺されてますが、犬が病原菌を人間にばら撒くからで虐待しているわけではありません。モンゴルの衛生状態を考えれば当然のことだと思います。
モンゴルはトイレが基本的にありません。(そりゃ、公共施設にはありますけど)それに狂犬病の類の危険性も高いですから。そこはお国が違うのですから日本と同じ感覚で判断してはいけません。

05: 名前:automatic投稿日:2002/03/17(日) 02:22
補足(映画瓦版に対してかな?)
いかにも「モンゴルだ〜!」という描写は意図的に抑えられているという話もありますが、いやいや、草原は出なくとも、駱駝と馬と羊と山羊の遊牧があったじゃないですか?あれってゴビに近いところじゃないかな?しっかりモンゴルしていると思います。
「勇壮さのかけらも感じられないナーダムの描写」とありますが、ナーダムって盆祭りみたいなもので、大きいのから小さいのまであるし、それにあのナーダム決して勇壮さが無いとは思えなかったなあ。

残念なのは、パンフレットにも映画のチラシにもモンゴルに対する知識のフォローが全く無いということ。それでは普通の観客は見ても何もわからないのではないか?と思います。
モンゴルと日本では文化があまりにも違うので、かなり補足が必要だと思いました。
(あの佐藤忠男先生も、とあるモンゴル映画で「?」を連発していたときがありませんでしたか?)

#実は「ぴあ」の出口調査に引っかかってしまいまして、「私個人としては」と前置きして、80点の評価を与えてしまいました。モンゴルに対する愛情がかなり加味されておりますが(^^)。多分、普通の人はそんなに与えないのでしょうね。写真撮って雑誌に掲載してもいいですか?と言われたのですが、人前に晒せる顔じゃないので遠慮しておきました。
ちなみに、『寵愛』も出口調査ひっかかったんですが、こちらは50点。

06: 名前:沙果@神奈川投稿日:2002/03/21(木) 02:16
 はじめまして、平和ボケした日本人観光客です。
 僕がモンゴルに行ったのは97年8月9日のモンゴルの対日宣戦布告記念日から
15日過ぎまでだったのですが、ツアーで一緒だった人は戦争のことなんて誰も知り
ませんでした。
 行ったのが夏だから緑の印象が強いのですが、映画の方は季節が違うせいか、かなり
荒涼とした雰囲気でしたね。

07: 名前:automatic投稿日:2002/03/21(木) 09:31
沙果さん、こんにちは。

> 行ったのが夏だから緑の印象が強いのですが、映画の方は季節が違うせいか、かなり荒涼とした雰囲気でしたね。

いや、最後に出てきた草原(モンゴルの民族舞踊の女性の場面)と牧民の住んでいた場所は明らかに違っていて、牧民のところはラクダを飼っていたでしょ?
おそらく、ゴビに近い方ではないかな?石がゴツゴツしていたし。季節も違うのは確かだけれど。

08: 名前:沙果@神奈川投稿日:2002/03/22(金) 00:05
レスありがとうございます。

>牧民のところはラクダを飼っていたでしょ?

 たしかに映画にはラクダがたくさん映っていましたね。
 僕が行った草原だとゲル2〜3張の1集落にせいぜい一頭ぐらいしかいなかったと
思います。


掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭