Home | NewsClip | BoxOffice | Calendar | 掲示板 | 過去News(-04.03.28) | 資料用wiki | 本サイトの経緯

掲示板


KoMaDo   Korean-Movie.Net掲示板 ■ HOME    
掲示板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示

  『GO』

01: 名前:さよ投稿日:2001/10/21(日) 00:40
『GO』ですが、在日コリアンの問題というと重いテーマを扱っている割には、
若者の熱い思いをストレートに表現した青春映画として、楽しめる映画です。

主役の窪塚洋介がとてもいいです。優しい顔立ちのモデルっぽい感じが私は逆に
役者として好きじゃなかったんですが、『GO』でのストレートに怒りを表現する
その表情が最高です。
在日の友達からいい映画だから是非みたらと勧められていたのですが、実際みてみると
心痛む場面が多かったです。暴力よりもっときつかったのがガールフレンドの言葉。

在日コリアンの恋、親、学校の先生との関係、偶然出会った警察官との出会いなどが
テンポよく展開していてハラハラしたり泣いたり。そして最後には主人公の高校3年生の
怒りに涙してしまいます。『GO』は今年11月の釜山国際映画祭で上映されますが、
これも人気集中作品のひとつでしょうね。

02: 名前:さよ投稿日:2001/10/21(日) 00:45
「訂正」

>ハラハラしたり泣いたり

 → ハラハラしたり、笑ったり。

この映画けっこう笑える部分がたくさんあります。

03: 名前:automatic投稿日:2001/10/21(日) 00:48
邦画で前売券を買うことって今までほとんどなかったんですが、
この『GO』は珍しく前売券買ってしまいました。

今年下半期一番の期待作ですもんね。
明日見に行こうかな?

04: 名前:さよ投稿日:2001/10/21(日) 00:56
是非、ご覧ください。

今日は窪塚洋介めあてのファンが多かったのですが、この映画での演技は最高だし、
映画を見た後のこんな余韻というのも珍しいです。

05: 名前:さよ投稿日:2001/10/21(日) 22:40
『GO』は釜山国際映画祭では上映されないですね。
ごめんなさい。ちょっと勘違いしてしまいました。

06: 名前:automatic投稿日:2001/10/21(日) 22:40
見に行ってきました。最近見た映画の中で一番面白かった。

在日韓国人(♂)の恋愛もの(!?)ですが、やっぱ、30代の監督と脚本家はイケてるわ。
じめじめしがちなネタをポップにまとめてなお且つエンターテーメントしてました。

 私が通っていた韓国語教室の在日韓国人の大学生が、酒の席で「彼女できたとき、俺在日って言えるのかな?
本当に言えるかどうかわかんない」って言ってましたが、若い♂にとってこれは死活問題。
この映画のキーは、詰まるところ、これです。

#いや、なんかもう、嬉しいなあ。在日をテーマにしたものって、何故か可哀想とか、
重いとか、そんなのばかりで、それに引きずられて日本人も謝罪モードになっちゃうんだけど、
「そんな問題は1世,2世が解決してなきゃいけない問題じゃないか」って感じで
今までのタブーを払拭してましたね。やっぱり若い監督は良いなあ。原作が良いせいもあるけど。

ほんと、今までの在日をテーマにした映画って『月はどっちに出ている』が面白いだけで、
糞映画ばっかだったもん。(お決まりのように在日可哀想モード、日本人謝罪モードだから。)

#しかし、出演者の朝鮮語・韓国語はなかなかでした。窪塚くんはあまり上手くなかったけど。
でも窪塚くん、かっこよかった。NHKの変な日韓合作の糞ドラマの時より遥かに良かった。

#日曜日の夜の回はさすがに銀座でも空いてました。

07: 名前:automatic投稿日:2001/10/21(日) 22:43
>『GO』は釜山国際映画祭では上映されないですね。

『GO』のハンプレットでは釜山国際映画祭で上映となってましたが…。
後で公式websiteで確認しておこうっと。

08: 名前:さよ投稿日:2001/10/21(日) 23:24
公式websiteでみたら、アジア映画の窓の11番目にありますね。
ここで調べるのが一番確実でした。

 11 Go 고  YUKISADA, Isao 유키사다 이사오

>見に行ってきました。最近見た映画の中で一番面白かった。

でしょ? 若い人の感覚がストレートにリアルに表現されていました。
出演者の韓国語って吹き替えかなと思ってましたが。確かに窪塚くんは自分で
韓国語をしゃべってましたね。

>#日曜日の夜の回はさすがに銀座でも空いてました。

日曜日の夜ということではなく日本映画は舞台挨拶以外あまり客が入ってないみたいです。
私などはゆっくり見れていいのですが、ちょっと残念な気がします。

09: 名前:kappe投稿日:2001/10/22(月) 00:12
私も見て来ました。ウチの地元のシネコンは、日曜夜なのに結構入っていましたよ。

 内容は、確かに佳作。エネルギーが素晴らしい。やり場のない、言葉にならない
怒りや憎しみ、そしてやるせなさ... それらをカラッと描いていて。私も、20代前
半の頃にはああゆうやり場のない思いに駆られていたので、結構共感してしまいま
した(チキンレースはしなかったけど、道路の反対車線をバイクで突っ走るのはや
った憶えが(^_^;)。で車と正面衝突、2ヶ月入院。ついてない)。

 少し気になったのは民族学校(朝鮮学校)の描き方。他の部分は現代的に描かれ
ているのに、学校の部分は20年前の状況じゃないかしら(私は日本人なので直接は
知りません、先日ここ http://hello.to/gogakujuku/ の講演会で民族学校の実状を
聞いたので、それでそう感じただけなんですが)。ちょうど原作者が在学していた
頃の雰囲気なのかも?で、あの描き方だと、今でもああだと誤解されやしないかと
気になりました。聞くところに依ると、最近はずいぶん(特に地方部から)変わっ
て来ているとか。

 あと、ちょっとイヤだったのがヒロイン。ケモノ臭くって、我が儘で、無神経で
ガキっぽい。 ...でもま、高校生だとあんなものなのかしら。子供が子供っぽいの
は仕方がないか。うーん、でも、実際の女子高校生には、もっとマシ(って言った
ら失礼か、思慮深く思いやりのある、という意味)な子も多いと思うんだけどなー。

 あと、ジョンイル君が可愛い(ヲイヲイ(^_^;))。乙武君みたい。

10: 名前:さよ投稿日:2001/10/23(火) 00:35
kappeさん、こんにちは

月曜日は帰りが遅くてどうしても今ごろのアクセスになってしまいます。
『GO』は前評判がよくて、また上映後見た人達の感想もいいようですね。
前に書いた感想に付け加えて、脇役がそれぞれ味わい深くて光ってました。
すぐに暴力を振るってしまうお父さんや単純でざっくばらんなお母さん、
どうもこの仕事向いてないと自信なさげなおまわりさん、みんな親しみを感じました。

流れ星を見たときの女の子の反応が面白かった。
夜の学校の校庭で男女2人で寝転がって空をみていたら、突然女の子が

「最悪、今の見た?流れ星。願い事なんてしなかったでしょうね。もう、最悪」なんて。

これが「リメンバー・ミー」の女の子だったら目が星状態でロマンチックに願い事をいうん
でしょうけど。ロマンチックなことを逆に最悪といってしまうところが今の若い人らしくて
面白い。

民族学校の描き方ですが、ちょっと恐かったですね。この映画が韓国で上映されたときに
どう思われるかちょっと心配。

11: 名前:kappe投稿日:2001/10/24(水) 00:14
さよ さま、こんばんは。

> 単純でざっくばらんなお母さん

 うーん!?ざっくばらん??

 あのヒトは、ざっくばらんと言うより、共依存というタイプの心の病の一種に
見えました。「自分の考える善が、必ず相手のためにもなっている」と、根拠も
無しに確信してしまう。で、その"根拠のない善"を実行するのが生き甲斐になっ
てしまい、それ無しでは生きられなくなってしまうタイプ。国家で喩えると、
ちょうどアメリカ合衆国のような...

 とても健全とは言い難い、心の病んだ母親でしたね。他人事なら哀れと思えま
すが、自分の母親がああだったらと想像するとぞっとします。

# 共依存は、流行精神科医(^_^;)の斉藤学氏の著作などでよく触れられています

12: 名前:kappe投稿日:2001/11/07(水) 06:48
11/6のNewsから:
> 在日を強調した映画ではないです。

 うん。何というか、古臭い言葉で言うなら、古いタイプ"恨"の韓国映画と、アイ
ドル青春映画を止揚したような作品ですね。韓国映画じゃないけど、韓国映画の正
常進化形はこんなじゃないかしら?と感じさせられるような作品です。
 ただ、在日の(これまで触れられてこなかった)"別の側面"を強調した映画ではあ
るのかもしれません。

> 東映のこの映画の売り方に「問題あり」

 これは同意しますね。

13: 名前:kappe投稿日:2001/12/05(水) 06:21
 朝鮮学校の実態を書いた本を2冊、ご紹介。

 「日本の中の朝鮮学校」朴三石、朝鮮青年社、1200円、ISBN4-88522-046-7
  著者は朝鮮大学校の助教授なので、そちら側から見た本かも。

 「朝鮮学校ってどんなとこ?」ウリハッキョをつづる会、社会評論社、1500円
           ISBN4-7845-0775-2
  著者の一人は私の韓国語の先生。視点は様々。

 「

14: 名前:kappe投稿日:2001/12/12(水) 23:29
 ふと気がついたんですが、主人公やジョンイル君って落語を聞くじゃないですか。
これって原作にもあるのかしら。 ...いえね、なんか「粋な映画」を撮る監督さん
には落語ファンが多いような気がしてるので、ちょっと気になって。「幕末太陽伝」
や「のようなもの」他、落語の影響を受けている映画って多いような。

 たぶんただの偶然なんでしょうけど、主人公クンがウォークマンで落語の「コウ
屋高尾」を聞いていると、直後にヒロインの「柴崎コウ」が現れるシーンがあって、
ちょっとニヤリとしてしまいました。

15: 名前:automatic@管理人投稿日:2001/12/12(水) 23:35
原作には落語の話はなかったはずです。この辺の落語を使った演出はなかなか良いな、と思いました。
しっかり心に残りますもん。

16: 名前:kappe投稿日:2001/12/15(土) 10:09
 昨夜は韓国語学校の忘年会。そこで先生(在日、民族学校出身)いわく「Goって
良いわよね〜。窪塚クンサイコー\(^0^)/」って言っていました。「枠組みにはま
りこめない、どうしても外れてしまう者の気持ちを、とても良く描けてる」とも。
「柴崎コウは、原作のイメージじゃない、私の周囲もみなそういう」とか。

 あ、そうそう、山崎演じるあのDVオヤジは、原作者の理想の父親像なんだとか。
これだけはちょっと、なんだかなぁ。

17: 名前:kappe投稿日:2001/12/29(土) 10:54
まず↑の"柴崎コウ"は"柴咲コウ"の誤りでした、すみません。

 あと、主演の窪塚クンが「石原裕次郎新人賞」を取りましたね。この賞、該当
者がいないと受賞者が出ない、それなりに権威のある賞だとか。受賞者が出たの
は94年の木村拓哉(^_^;)以来とのこと。

 佳作ですので、皆さま、見る機会があったら是非。

# 原作を読みたい... でも文庫になるまで我慢。


掲示板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示