Home | NewsClip | BoxOffice | Calendar | 掲示板 | 過去News(-04.03.28) | 資料用wiki | 本サイトの経緯

掲示板


KoMaDo   Korean-Movie.Net掲示板 ■ HOME    
261 :新暗行御史と春香伝(04)  262 :『少女たちの遺言』(03)  263 :コリアン シネマ・ウィーク(01)  264 :『空色の故郷』(01)  265 :『村の新しい学校』『村の新しい一歩』(01)  266 :『居留−南の女』(01)  267 :『死んでもいい経験』(01)  268 :『レンの哀歌』(01)  269 :『魔の階段』(01)  270 :『原点』(04)  271 :大田広域市にいまーす!(11)  272 :『イジェスの乱』(07)  273 :『帰路』(01)  274 :☆『情事』 ・ 『寵愛』(04)  275 :『ペパーミントキャンディ』(01)  276 :『受取人不明』(09)  277 :出発!ドリーム・チーム見に行こう!(01)  278 :『フラワーアイランド』(05)  279 :今年の釜山国際映画祭(01)  280 :『ブルースリーを探して』(01)  281 :『渡り川』(02)  282 :『武士(MUSA)』(03)  283 :「リベラメ」(06)  284 :11/23(祝)『受取人不明』チケット差し上げます!!!(02)  285 :牛山純一と韓国(01)  286 :「ティアーズ」(04)  287 :雑感・チケット他(08)  288 :イレちゃんがお空に帰ってしまいました。(01)  289 :「バタフライ」(01)  290 :「リメンバー・ミー」(02)  291 :KPOPナイトの4時間@渋谷(02)  292 :『陰陽師』(おんみょうじ)(02)  293 :『純愛譜-じゅんあいふ-』(12)  294 :釜山国際映画祭(1)(03)  295 :『リリィ・シュシュのすべて』(02)  296 :インタビュー(03)  297 :チャ・スンウォン、ユ・ジテも舞台に!(01)  298 :東京国際ファンタスティック映画祭で韓国映画上映!!(01)  299 :チュソク(秋夕)(01)  300 :マイナー系情報(02) 
ログ検索  リロード  前のページ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 次のページ  総てのスレッド  スレッド総数 318261 - 270 を表示


261: 新暗行御史と春香伝  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/23(日) 11:31
 どっかで一度読んだ話な気もするのですが、ネタもとを忘れてしまったのでまた
書きますm(__)m。

 新暗行御史ってマンガが小学館から出てますよね。原作&作画ともに韓国の方。
これに書いてあったのですが、春香伝ってオリジナルの結末は暗いんだそうです。
映画になっている方のストーリーは児童用古典小説バージョン。オリジナルでは
夢龍は帰ってきた時には都で結婚していて、それを知った春香は物語の最後に自
殺してしまうんだとか。

 うーん、あんまりだけど、こっちの方が韓国らしいかも?

02: 名前:やまもと投稿日:2001/12/23(日) 21:40   HME
>こっちの方が韓国らしいかも?

韓国らしい、っていうより、広く世間一般に通じる常識的な展開、といえるのでは
ないでしょうか。遠い昔、読んだ西洋の物語に、ものすごく久しぶりに自分が死んだ
と思っていた家族のもとに帰ったところ、窓の外から覗いた明るい「家族の団欒」の
自分がいるはずの席に、自分の友達がいた、というシーンがあったのを覚えているの
ですが、すべてはそこから始まるように思います。

人は、それを見たときの疎外感、絶望感を乗り越えて、生きていく。男は「自分に
とって代わった友達を、怨むこともできないし、感謝することもできない、まさに
「いわく言いがたい思い」を胸に、そこを離れて新しい人生に踏み出す。

それが、人間社会の実相ではないか、と思うのであります。

03: 名前:kappe投稿日:2001/12/24(月) 09:48
やまもとさん、こんにちは。

> そこを離れて新しい人生に踏み出す。
>
> それが、人間社会の実相ではないか、と思うのであります。

 いえ、やまもとさんの挙げておられる例は前向きで、人が死なないじゃないで
すか。ところがオリジナル春香伝の方は人が死ぬ、後ろ向きでしょ。やまもとさ
んの例とは全然違いますね。
 この、人が死んで終わるところが韓国らしいのじゃないか、と言っているわけ
です。

04: 名前:やまもと投稿日:2001/12/26(水) 21:59
あ、そっか・・、「そこから始まる」んじゃなくて、「そこで終わる」
んですね。うむ。たしかに、こっちのパターンのほうが韓国的かも
しれませんね。

でも、おもしろいですね。
オリジナルの可哀想な結末が、現代では、ハッピーエンドに「リメイク」
されてるなんて。

やっぱり、韓国の人たちは春香さんの幸せを強く願うようになったん
でしょうね。

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


262: 『少女たちの遺言』  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/18(火) 06:18
 情感あふれるホラー映画。いえ、ホラーというのは少し不適切かも。だって...

 恋愛感情欠落症の私には理解しがたい部分が多々ありました(イントロ部分が
分かり難いし)が、「これはきっと出来が良いな」と感じさせられるものはある
映画でした。
 ただ、私には中高時代のイヤな記憶が思い出されて辛かった。高校生って、
当たり前ですがガキ(いや社会に出てからもそんなに変わりゃしませんが)な
んですよねー。自分の我が儘が通らないと他人に当たり散らしたり。イジメが
あったり。うーん...

 関係ありませんが、劇場ではもう「チング」の前売りが売られていました。

02: 名前:automatic@大田広域市出張中投稿日:2001/12/21(金) 22:02
このDVD衝動買いしちゃいました。日本で上映しているのなら日本でDVD出るのにね。ついつい。
で、kappeさん、ちゃんと『バンジージャンプをする』買っておきましたよ。日本に帰ってからいつお渡しできるか相談しましょ。

03: 名前:kappe投稿日:2001/12/22(土) 08:53
 新宿での上映は12/28まで、その後1/11までモーニングショー。
 1/19から大阪パラダイスシネマ。2月に名古屋ヘラルド・シネマプラザ50で
公開だそうです。

> ちゃんと『バンジージャンプをする』買っておきましたよ。
> 日本に帰ってからいつお渡しできるか相談しましょ。

 どうもありがとうございますm(__)m。
 メール出しておきました(読めないか...)。帰国されたら連絡下さい。

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


263: コリアン シネマ・ウィーク  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/18(火) 22:19
 新宿東口シネマカリテのレイトショーで「コリアン シネマ・ウィーク」が催さ
れるそうです。#の後は私の感想・寸評です。

  1/12〜1/18  「美術館のとなりの動物園」
           #八月のクリスマスのシムウナ主演!佳作です。
  1/19〜1/25  「ペパーミント・キャンディー」
           #オトナの味わい。人生を考えさせられる秀作。
  1/26〜2/ 1  「グリーンフィッシュ」
           #あのハンソッキュの意外な一面
  2/ 2〜2/ 8  「魚と寝る女」
           #不思議な味わい、痛いけど不快じゃない。何故?
  2/ 9〜2/15  「Interview」
           #八クリのシムウナの最新作=最終作?
  2/16〜3/ 1  「八月のクリスマス」
           #韓国映画史に残る、屈指の傑作。
  3/ 2〜3/ 8  「江原道の力」
           #難解な異色作、ハマルと気持ち良いらしい

 今上映されている「少女たちの遺言」の入場整理券を持参すると、このウィーク
の入場料が割引になるらしい....

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


264: 『空色の故郷』  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/17(月) 09:35
 韓国系ロシア(ウズベク)人画家の半生と絵を縦糸に、タジクウズベクへの
強制移住問題を描いたドキュメンタリー。
 これ、下手に扱うと重たいだけの作品になってしまいそうな題材ですが、本
作はそれを免れています。重たいテーマは絵に語らせている。重たい体験談は、
背景やBGMを明るくすることで印象を軽減している。
 オーソドックスでストレートな佳作でしょう。このテーマに興味のある方は
ぜひ。

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


265: 『村の新しい学校』『村の新しい一歩』  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/17(月) 09:29
 これも『居留』同様ドキュメンタリー。"言いたいコト"を映像とインタビューだ
けで語っている点が気持ちよい。よくナレーションを多用するドキュメンタリーっ
てありますが、ああいうエグさ押しつけがましさとは対照的で、清々しい。
 絵も等身大に美しく、農民達が政府に逆らってまで守ろうとしたモノの愛おしさ
が伝わってきます。とても好感の持てる作品でした。

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


266: 『居留−南の女』  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/17(月) 09:23
 年齢経歴の様々な、多くの女性へのインタビューを積み重ね、何かを訴えていこう
とする作品、ではないかと思うんですが...
 個々のインタビューは面白い。様々な女性達の"生きる力"が伝わってきます。エネ
ルギー、元気は貰える。でも、映画全体として訴えてくるものには欠けるような。見
終わった後の印象が薄いんですよねー。つまらなくはないんですけど、「TVで見る
作品」、つまり「無料で、かつ片手間に見る作品」という域を出ていないと思います。
その範囲内なら良い作品。

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


267: 『死んでもいい経験』  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/17(月) 09:17
 異才・キムギヨン監督のケレン味が悪い方向に現れた駄作。彼の女性観がよく?
現れていて、"キムギヨン研究"には良い題材かもしれませんが、普通の人には見る
に値しない出来。出来事を単に繋いだだけで、作品の体をなしていない。韓国でも
公開されなかったと聞きますが、むべなるかな。

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


268: 『レンの哀歌』  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/17(月) 09:09
 異才・キムギヨン監督のケレン味が良い方向に現れた佳作。ただし見る人に
よってハッキリ評価が分かれる作品だとも思います。私は、彼の作品の中では
傑作"下女"の次にこれが好きなんですが、他の方はいかが?
 作風は、映画と演劇を融合させたような感じ。セット類は故意に狙ったので
はないか?としか思えないほどリアリティに欠ける。まるでドリフの書き割り
のよう。あれでリアルな演技を合わせられたら見ていられない駄作となったハ
ズですが、役者達の演技は、映画的ではなく舞台劇的で、大仰。これがあの原
色の世界と奇妙にマッチして、不思議な味わいと美を醸し出しています。
 似た作品を挙げるとなると... うーん難しい、強いて言うなら大林の"ハウ
ス"かしら。

 関係ありませんが、2枚目キムジンギュの頭が薄くなりつつあるのを発見。
後の"森浦への道"でのあの状態は、この頃から始まっていたんですね(^_^;)。

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


269: 『魔の階段』  全レス

01: 名前:kappe投稿日:2001/12/14(金) 06:59
 とてもプリミティブなホラー映画でした。昔ウルトラQの前にやってた、あ、題
名はど忘れしたけど、あれみたい(って年齢バレバレ)。
 原題の目で見るとネタは見え見えなんですが、懐かしさもありそれなりには楽し
めました。ホラーって脅かしの部分もあるから、そゆところは年月はあまり関係な
いし。でも、女性の顔が皆同じに見える(服も同じだし、マスクなんかされると全
然わかんない)ので、せっかく脅かそうとヒロインが出てきても「あれ?これ誰だ
っけ?」(^_^;)とかも思いましたが。

 「帰路」よりはマシ、とか言ったら知人達に猛反発を受けました。皆には帰路の
方がよく見えるらしい。やっぱ私って恋愛映画音痴だなー。

 関係ありませんが、看護婦なのに高いヒールを履いて出てくるシーンがあるのは
ビックリしました。昔はそうだったのかな?それともミス?

■トップに戻る リロード  単独スレ表示


270: 『原点』  全レス

01: 名前:さよ投稿日:2001/12/12(水) 23:05

時代がかわると、ここまで感じ方が違ってくるんですかね。
大スター、申星一主演の極めつけアクション巨編なんですが、どういうわけか
見終わって笑ってしまいました。アクションなのだけどなぜかテンポが遅い。

観光地の食堂に入ったら、体操着みたいなのを着た女性たちが踊りだして、
客はそれを見ながら食事をしている。今の時代だとちょっと笑ってしまうような場面も。
笑うつもりはなかったけど、気がついたらkappeさんもニンマリしていて、2人で
ニコニコしながら帰ってきました。それからその時代チョソンホテルやその近辺って
あんな感じだったんですね。
なんだか楽しかった、といえば日本にいないautomaticさんに申し訳ないかな。

02: 名前:kappe投稿日:2001/12/12(水) 23:15
 今度はミステリー。イマニ監督って、もしかして林権沢監督同様職人肌かしら?
作風に傾向、一貫性がないような...

 しっかし、ある意味スゴイミステリーでした。だって設定がわけわかんない。
主人公2人はなぜあーゆー状況に?何の意味があるの?とか思って謎解きを期待
して見ていると、最後まで何の説明もない。あれじゃまるで「永遠なる帝国」並
だよー。韓国人て謎解きが無くても気にならないんでしょうか?

 あと、アクションシーンが目茶ショボクて笑えました(最初の方の階段のシー
ンなんか特に)が、これはご愛敬かしらん。

03: 名前:さよ投稿日:2001/12/12(水) 23:37
なぜか申星一と一緒に新婚旅行をすることになった文姫ですが、この作品の前にも
『雨のめぐり逢い』で申星一と共演してますね。これは東京で上映されたことが
あるので、ご覧になったかたもいるかもしれませんが、文姫は金持ちの家のお手伝いさん
で申星一とデートをする時は金持ちのお嬢様だとうそをつき、心を痛める役でした。
まだ初々しい感じがしてました。

その当時と共演した新人女優は皆大スターになったみたいですね。今のハン・ソッキュ
みたい。一昔前のいい男ですが、今もステキなおじ様だそうです。

04: 名前:kappe投稿日:2001/12/13(木) 00:27
> 一昔前のいい男ですが、今もステキなおじ様だそうです。

 ちょっと野村万斎的な奇妙な味のある2枚目ですよね。この映画の頃が一番
彼の魅力が生きているのかもしれません。

■トップに戻る リロード  単独スレ表示

ログ検索  リロード  前のページ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 次のページ  総てのスレッド  スレッド総数 318261 - 270 を表示