『殺人の追憶(メモリー・オブ・マーダー)』
■板へ戻る
▼下へ 最新
最初から 次頁
39 ) kappe
[2005/03/15(火) 06:21]
 説教?議論でしょう。まぁ日本人は幼稚で議論慣れしていないからねぇ。
sage ないで、イイタイコトがおありなら、正々堂々 age て議論されたら?
まぁ、論になっていない文章(単なる「これまでのまとめ」に過ぎない)
なので、ageるのが恥ずかしいお気持ちは分かりますけどね。

 日本文化の価値を再発見したのは、西洋人でしたよね?世の中には、そう
いうこともあるということです。

38 ) 蒲焼大好き
[2005/03/14(月) 09:38]
いいや違う、恨とはこうだ、韓国はこうだって…韓国の人相手に説教ですかぃ。
文化や言葉はその社会のコミュニケーションのなかで生成され、
形が定まるものです。kappeさんはちと観念的すぎると思いますね。
おそらくkappeさんが思う「恨」とは、kappeさんの恨であって、
韓国の方が使う伝統的な恨という言葉の指示内容とは異なるんだと思いますよ。

37 ) kappe
[2004/05/23(日) 22:20]
 この映画の"超訳"ノベライズ(薄井ゆうじさん訳)を立ち読み。ラストが
大幅に変わってる。そうそう、そうだよなぁ、日本人だとこういうオチを
付けたくなるよなぁ...

36 ) どんぐり
[2004/05/09(日) 13:06]
HME
 キネ旬のインタビューでは、怒りだけでなく、さまざまな複雑な思いが重なった表情だと、ガンちゃん本人が答えていました。
 そうならば、恨的な感情も含まれていないとはいえないのかもしれませんね。
 出羽でわ。

35 ) kappe
[2004/05/09(日) 10:48]
 どんぐりsama-wrote:
> はいはい、では詳しく、ご説明を・・・。(後略)

 なるほど、31の脱線部分に対するレスだったのですね?

 ただ、そうだとしてもソンガンホの怒りはヘンに感じます。警察全体の
責任にしちゃイケナイ。全体責任にすると個人の責任が不当に軽視されま
すよね。警察全体が概ねそうであったとしても、映画にも描かれていたよ
うに、そうでない警察官もいたのですから。
<
<省略> [全文]

■板へ戻る
 ▲上へ 最新
最初から 次頁

管理者:automatic
KoMaDo-1.5a