シネマコリア2003(in東京)
■板へ戻る
▼下へ 最新
最初から 次頁
06 ) どんぐり@ハマ
[2003/09/17(水) 20:03]
 kappeさん、どうぞお大事に!!
 さて、「中毒」の感想なのですが、儒教社会への挑戦!!
という意図があったはずなのに(韓国では兄嫁に恋するのは
絶対的なタブーであって、戦時中に戦死した兄の嫁と弟が結
婚するという事例が多くみられた日本とは決定的に異なり、
おそらくそのあたりの感覚は日本人にはピンと来ないのでし
ょう)、そうした結婚に関するタブーを打破するはずなのが、
個人的な狂った
<省略> [全文]

05 ) kappe
[2003/09/14(日) 19:58]
『中毒』
 韓国映画「バンジージャンプする」に似ている、という説も聞いたが、そ
れより日本映画「秘密」にそっくり、という説に1票。しかも駄作と化して
いる。真似するんなら、もちょっとマシに作れよなー、と途中まで思ってい
ました。いや、マジで。

 後半3分の1くらいになってから、この映画がぜんオリジナリティを主張
しだします。前半の退屈さに耐えた人に対するご褒美かしらん?なかなか面<
<省略> [全文]

04 ) kappe
[2003/09/14(日) 19:47]
『ムッチマ・ファミリー』
 短編3本によるオムニバス。監督は3本とも異なるが、脚本はみなチャン
ジンさん。彼が監督した「ガン&トークス」を見た時にも感じたけど、な〜
んか雰囲気が日本アニメ「ルパン三世」なんですよね〜。どこか突き放した
ような、それでいて愛おしみに満ちた視線のあの雰囲気・あのギャグセンス
が合う人には気持ちの良い作品です。

 私?私はけっこう好きだなぁ。

 あ
<省略> [全文]

03 ) kappe
[2003/09/14(日) 19:38]
『夢精期』
 ぜ〜んぜん期待していなかったのに、見たら結構楽しめました。「太陽は
ない」とは正反対に、俳優にはさほど魅力はない(ファンの方ゴメン)のに、
見るにしたがって魅力的に味わい深く見えてくる。演技力もあるんでしょう
けど、シナリオや演出の腕もきっとあるんでしょうね。特に子役が輝いてい
たし。

 まぁ、"さかりのついた"年頃のアホらしさを愛情込めて描いた作品ですね。
名作では
<省略> [全文]

02 ) kappe
[2003/09/14(日) 19:30]
『太陽はない』
 なんというか... 「チルスとマンス」を現代風に焼き直して駄作っぽく
したような作品。会場で会った映画ファン(韓国映画も300本は見てるが、
韓国映画に限らない)の知人とも意見が合ったが、日本で公開しないのは
大正解でしょう。

 俳優を見に行く映画で、作品を見る映画じゃない感じ。まぁ主演の二人
のファンなら楽しめるんでしょうけど。韓国映画らしさも「チルマン」に
比べれ
<省略> [全文]

■板へ戻る
 ▲上へ 最新
最初から 次頁

管理者:automatic
KoMaDo-1.5a